海外に進出する日本のフランチャイズビジネス


日本のフランチャイズビジネスのすばらしさ

日本にはフランチャイズで始める事業が多種多様化しており、あらゆる分野で展開されています。
コンビニエンスストアから始まり、レストランや居酒屋やカフェといった飲食業から、リサイクルショップや中古車販売という小売業や、学習塾やハウスクリーニングといった生活に密接した分野まで及んでいます。
その日本で成功例を多くあげているビジネスモデルであるフランチャイズのシステムは海外にも進出しています。
フランチャイズの先進国といえばアメリカですが、日本はそのアメリカから多くを学び、日本のビジネスが海外で活躍するまでになったのです。
日本ではアメリカのスタイルのフランチャイズを真似るだけでなく、独自のフランチャイズビジネスを創りだし、オリジナルのノウハウによって、逆にアメリカを買収してしまうほどに伸びた企業もあるほどです。
そこで、日本のフランチャイズビジネスは海外へ、その展開の幅を広げるようになって言ったのです。

海外でのフランチャイズ

日本が海外に進出しているフランチャイズビジネスは、多くが飲食業で、牛丼の吉野家やモスバーガーや焼肉の牛角などがあげられます。
他にも多くの企業がオリジナルのフランチャイズビジネスのノウハウを持って事業展開をしています。
また、日本の中古車が海外で人気であるということに目をつけ、日本の中古車販売を海外でフランチャイズとして行っている企業もあります。
フランチャイズのよいところは、開業するにあたって、販売やマーケティングに関する情報や、ノウハウがしっかり確立されているところや、経営においても本部のフォローがありますので、一人で悩むことがないところです。
フランチャイズの場合、時には自分の販売経験が経営への落とし穴になることもあり、マニュアル通りに経営をしていかないと、うまくいかなくなることがあります。
逆手に取れば、マニュアル通り、本部のフォローや研修の通り経営すればよいので、初心者の人でも意欲があれば始められます。